WORKS

鈴廣「かまぼこ博物館 かまぼこ消化体感コンテンツ」

プロジェクト概要

かまぼこの消化の様子が自分の身体に投影される!

かまぼこが体内でタンパク質に分解・吸収される様子を映像で見られるインタラクティブコンテンツ。人物の身体を認識し、身体の形にそって内蔵を表示するので、まるで自分の体がかまぼこを分解しているように見える。アクアはコンテンツのプログラミングを担当。楽しくわかりやすく消化の様子と体への効果を学べるコンテンツで、かまぼこの価値の普及へ貢献しました。

動画

コンテンツフロー

PHASE01

サイネージに待機映像が表示されている。

PHASE02

サイネージの前に立つと映像が始まり、コンテンツを開始。

PHASE03

体に内蔵の映像がつき、消化のフローが表示される。

PHASE04

かまぼこが吸収され、身体が元気になる映像を再生。3種類がランダムで再生される。

POINT

  • 複雑な内容
    理解向上
  • 訴求内容
    認知向上
  • 施設/イベント
    空間価値向上

RESULT

  • 来場者数の増加
  • メディアへ拡散

クレジット

タイトル
鈴廣「かまぼこ博物館 かまぼこ消化体感コンテンツ」
クライアント
株式会社 小田原蒲鉾
エージェンシー
株式会社タケナカ
ローンチ
2016年 冬
該当のサービス