WORKS

鳥人間コンテスト2016

プロジェクト概要

「鳥人間コンテスト2016」キービジュアル&動画制作

2015年に引き続き、窪之内英策先生とコラボしてキービジュアルの背景パートおよび仕上げ作業を担当いたしました。 また、2016年は窪之内先生に描いていただいた原作ラフコンテをもとに、展開媒体枠に合わせて75秒ver・60秒ver・15秒verを作成し、テレビCMやyoutube、新宿丸ノ内線のサイネージ広告等で展開されました。
幼い頃に紙飛行機を飛ばしながら「空を飛びたい」という 純粋な思いを抱いた少年が、成長して「鳥人間コンテスト」で パイロットとして参加している様子を描いています。
そして、少年が乗った飛行機を見て、少年と同じく空に思いを馳せた女性が、 実はキービジュアルに登場する女性−という夢が紡がれていくストーリになっています。
窪之内先生にいただいた原作の絵が、アナログならではの繊細さと迫力を持っており とてもパワーがあったことに加え、「鳥人間コンテスト」で私達が描きたかった 青春アニメの雰囲気と非常にマッチしていたということがあり、 今回はあえてモノクロ絵コンテタッチのアニメーションに仕上げています。

プロモーション動画

手描きの質感を活かした「絵コンテ風」動画

動画は窪之内先生のタッチを再現した手描きの絵コンテ風に仕上げ、鳥人間コンテンテストと通じる「手作り感」を演出しました。 2015年から窪之内先生とタッグを組んでキービジュアルを 制作させていただいていたこともあり、今回も全面的にアクアを信頼していただき、 動画内の絵コンテイラストはすべてアクアで描き起こしています。
先生ならではの繊細なタッチ・柔らかい人体のフォルム等を 忠実に再現することは非常に難易度の高い作業ではありましたが、 先生から「思うように描いていいよ」と非常に心強いお言葉をいただいたお陰で、 制作スタッフも全力で挑むことができました。
アクアでは、絵コンテやイラストの他、映像制作も請け負っています。 中でも、アクアの強みであるイラストを活かしたアニメーション動画は ファンタジーな世界を含めさまざまなシーンを再現できる点に加え、 実写動画に比べてスケジュールやコストもコンパクトにご提案が可能です。 タッチ寄せの技術も高く、有名作家さんとのコラボアニメーション等も 実績がございますので、是非ご相談ください!

クレジット

タイトル
鳥人間コンテスト2016
クライアント
讀賣テレビ放送株式会社
エージェンシー
株式会社 I&S BBDO
ローンチ
2016年 8月
該当のサービス