【今一番効果的な施策】ブラウザバーチャル展示会のご紹介

2020/06/12

こんにちは、アクア第3アカウントユニットの佐保です。

外出自粛の影響で「おうち時間」というワードを良く聞くようになりました。

ビジネスにおいてもテレワークの影響もありユーザーが自宅にいることが増え、WEBでの情報収集がさらに加速しています。

そのような社会状況からアクアでもオフラインイベントではなくオンラインが増加しています。
デジタルのコンテンツにおいて、アプリのダウンロードは参加障壁となりがちですが、今回弊社ではブラウザを使用してのコンテンツを開発いたしました。より多くの参加率、アナログよりも具体的な数値獲得のできるこのようなデジタルコンテンツの相談が非常に増えてきています。

今回は、その中の1つ「ブラウザバーチャル展示会」をご紹介します!

ブラウザバーチャル展示会とは?

バーチャル展示会とは、時間場所を制限しないオンライン上のバーチャル空間で展示会を開催する手法のことです。会場の物理的な制約をうけないためユーザーはスマホ・PCから気軽に参加できます。またリアルでは測定できないような参加者の正確なデータを取得・分析することができるため、今大変注目されているコンテンツの1つです。

今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の施策として、多くの人が集まるイベントの延期・中止がありました。そこで「3密」を避けた状態でのイベント代替え案としてバーチャル展示会の需要が高まっています。

アクアでは以前よりVRやAR用の仮想空間の制作をしてきた実績を活かし「参加率」「効果測定」「コスト削減」等に着目し開発。本来の展示会よりも「参加して良かった」と感じられるようなコンテンツを目指し、今もブラッシュアップしています。他社と違いアプリレスで「ブラウザ」から参加できることが最大の特徴となっています。今回は実際の体験版デモを含めてご紹介します。

↓QRへのアクセスからすぐに体験できます!↓

↓PCの方はこちらのURLから!↓
http://u.aqua-web.co.jp/matsu/boothvr/

ブラウザバーチャル展示会_操作方法

■QRコードあるいはURLよりアクセスください。
■画面左のコントローラーで前後左右へ移動します。
■画面上をクリック(スマホの場合タッチ)したままスライドして動かすと視点の移動が可能です。
■ブース内の映像をタッチすると停止・再生します。
■ブース内のPOPをタッチするとPDFが閲覧できます。

ブラウザバーチャル展示会のメリット

★集客向上
バーチャルならではの全体が見える3D表示、そしてPCやスマートフォン、タブレット端末からでもアクセスできる手軽さから集客向上が見込めます。

★アプリDL必要なし
デジタルコンテンツへの参加障壁の1つであるアプリダウンロードを必要とせず、シンプルにブラウザへのアクセス1つで参加が可能です。

★マーケティング・リターゲティングの強化促進
サイトへアクセスした来訪者のデータは全てシステム内に記録される為、
どの来訪者がどの資料を閲覧したか、ブースでの滞留時間、動画の再生数、離脱率等
リアルな展示会では見えなかった数値を見える化できます。
こうした記録データを用いて、来訪企業へ向けた新規営業アプローチに活用が可能です。

★コスト削減
リアルでは必要となる展示会場のレンタル費用や出展料・人件費・印刷費等がかからないためコスト削減につながります。

★社会情勢の変化に強い
コロナ禍のような社会情勢に左右されません。遠方からの来場も見込め、参加ハードルもさがることから集客の幅が広がります。

以上がアクアのバーチャル展示会の概要です。

お問合せ先

記事の最後にありますメールフォームよりお気軽にお問合せください。(担当:第3アカウントユニット佐保)

アクアでは今回のブラウザバーチャル展示会をブラッシュアップしたAR型展示会の開発も現在行っております。また、その他にもそれぞれの課題に最適なデジタル体験デモや事例などご紹介可能です。

今後もアクアのデジタルコンテンツにぜひご注目ください!

       

Topics:インタラクティブ,実績紹介

       
アクア広報
written by アクア広報