「TOKYO働き方改革宣言企業」として東京都より承認を受けました

2020/05/21

【TOKYO働き方改革宣言】
株式会社アクアは、令和2年2月7日、「TOKYO働き方改革宣言企業」として東京都より承認を受けました。

「TOKYO働き方改革宣言企業」とは、
長時間労働の削減や年次有給休暇等の取得促進に向けた働き方・休み方の改善(働き方
改革)に改革に取り組む企業のことです。
宣言を行った企業は、従業員の長時間労働の削減及び年次有給休暇等の取得促進のため、
2~3年後の目標及び取組内容を定め、TOKYO働き方改革宣言(宣言)を行い、全社的に取り組みます。

株式会社アクアでは、ビジュアルソリューション事業とビジネスプロデュース事業を軸として、人々の“ココロを動かす”コミュニケーションを描き、世の中に新たな価値を生み出しながら拡大・成長を続けてきました。
近年では広告業界やゲームをはじめとしたエンタメ業界での働き方が注目を集めており、ワークライフバランスの重要性が増しています。アクアは業界内でも率先して働き方改革を行い、従業員の仕事と生活の調和実現のために本宣言をしました。

現在国際問題となっているコロナウイルス対策としては上記に記載のあるテレワーク制度の導入をおこない、感染被害防止と当社に勤務する従業員(正社員、契約社員、派遣社員を含む)ならびに当社関係者の皆様の安全確保を考慮し、対応を実施しています。

4月8日のテレワーク制度導入以降、弊社では約95%の出社率削減を実現しています。業務上のエラーもすべて解決し、トラブルなく日々業務を行えている状況です。引き続きテレワーク制度にて業務を継続していきます。

コロナウイルスにより働き方が見直されている今だからこそ、労務体制をより充実させ、目標に掲げている「平均残業時間15時間・有給取得率70%」の環境構築に努めていきます。

参考)TOKYO働き方改革宣言企業:株式会社アクア掲載ページ
https://hatarakikata.metro.tokyo.jp/s3880/

       
       
AQUA
written by AQUA