【インタビュー】就活の王子様〈前編〉 イラストレーターがゲームを作るには?

2017/08/07

 こんにちは!アクア広報のアライです!

今回はアクアオリジナルコンテンツ「就活の王子様」の生みの親であるビジュアルワークス部の花岡さんへインタビューしました。

前編では制作の経緯や過程、ゲーム作りに使用したソフトについて伺っています。

「就活の王子様」制作の経緯

アライ制作の経緯を教えてください。

花岡実ははじめはキャラクターは蒼汰くんだけだったんです。1年くらい前にキャラクターデザインの販促用にオリジナルのキャラを作ってくれと言われて。美少年キャラクターもののお仕事の引き合いが増えてきていたんですが、版権ものやゲームタイトルは実績公開ができないものが多かったんです。そこでPRのためにアクアのオリジナルのキャラとして蒼汰くんを作りました。

実際にお客様に配った蒼汰くん団扇。とても好評だったそう。

アライアクアのコーポレートカラーが青だから蒼汰くん?

花岡まあ、そんな感じです。部長からは「オリジナルだから花岡の欲望をすべて詰め込んでいいよ」と言われて(笑)

アライ蒼汰くんが推しメンなんですね!

花岡私の理想です(ニヤリ)

アライそこからどう発展して就活の王子様になったんですか?

花岡何人かでこっそり蒼汰くんの仲間たちを作ってたんです。実は今いるキャラ以外にもたくさんいて、仲のいいメンバー同士で盛り上がっていたんですが…

初期設定画。コンテンツには登場していないキャラクターも!

 

アライが?

花岡設定画がいつの間にか部長の手に渡っていたんです。全然気づかなかったんですけど、ある日突然部会で晒されて、「このキャラクター使ってオリジナルコンテンツ作るから企画案コンペやるぞ!」って言われて…

アライ無断で晒された(笑) どう思いました?

花岡その時は本気で怒りがこみ上げました(笑)とにかく、その社内企画コンペで「就活と絡ませて美大生向けのコンテンツを作る」という案が面白いからやろう!ということになったんです。

それで最初にキャラクターを作った私がメインの担当になってコンテンツを作ることになりました。 

 

ゲーム化に使用したツールとは?

アライその後すんなり進行しましたか?

花岡いえ。まずは時間を作るのが難しかったです。アクアではありがたいことにイラストレーターの稼働率は常にほぼ100%なので、クライアントワークの合間にやることが難しくて。いろんなスタッフに絵を描いてもらいました。ストーリーもいろいろな人にアイディアをもらってまとめて…

あとはイラストチーム内でのプロジェクトだったので、デジタル部署の方に話を聞いたりして、どうやったら乙女ゲーム風のコンテンツが作れるか調べて。ティラノビルダーというソフトを使えばイラストチーム内でもゲーム風のコンテンツが作れるということがわかったんです。

アライ技術がわからなくてもイラストやシナリオ作りが好きな人がゲームを作れるソフトなんですね!簡単に使えるからデモを作るのにも良さそう!

花岡使い方を調べながらだったので大変でしたが、自分でコンテンツを作るのはとても楽しかったです。

アライアクアではお客様のゲームタイトルのイラストを描くことが多いですが、社内でオリジナルを作ろうっていう動きもあるんですね。

花岡例えば就活生向けのポスターやパンフレットのデザインは部内でチームを作ってコンペしたりしています。自分のデザインが実際の制作物になるのはとてもうれしいので、みんな張り切って参加しています。

アライありがとうございました!次回はキャラクターデザインのコツについて深掘りして聞いていきたいと思います! 

 

【インタビュー】就活の王子様〈後編〉 ゲームキャラクターデザイン3つのポイント

 

Topics:インタビュー,ゲームイラスト,メンバー

       
アクア広報
written by アクア広報