女性向けPRにおすすめのマンガ手法

2020/08/26

つい読んでしまう!?

これが広告マンガを打つ上での一番のメリットだと思います。
説明がしづらい商品やサービスの紹介、インパクトを与えたい、クリック率/CVRをあげたいなどの依頼を受ける際は、弊社からマンガプロモーションをご提案させて頂いております。

マンガ広告は、みなさんもよく街中で見かけると思います。
最近ですと、中づり広告やバンパー広告などでよくマンガ広告を見かけますね。
なぜ、マンガ広告が増えてきたのか。
それはデータでも読み取れますが、マンガで【見せる】と‘‘2倍‘‘伝わると言われていて、
「読む行為」では1000字程度に対して、「見る行為」では2000字相当の情報量を処理できると言われています。
また、電子マンガの普及により、昔より更に身近なものになり、どの世代にも受け入れられやすくなっています。

マンガ広告での重要なポイント

もちろんマンガなので、ストーリーは重要になります。
しかしながら、文字を読む前にユーザーが目にするのは、何か?
それは、‘‘ビジュアル‘‘です。
文字(ストーリー)を読んでもらう為には、まずユーザーが受け入れやすいタッチになっているかは非常に重要なポイントになります。

そこでアクアでは、「絵」のタッチを10ジャンルに分け、女性がかわいいと感じる「絵」はどんなタッチなのか調査してみました。
すると、かわいいと感じるタッチは圧倒的にマンガ(少女漫画)タッチが多いことが分かりました。
中身を見ていくと、特に10代~30代の女性は、マンガ(少女漫画)タッチをかわいいと感じる人が多いようです。

確かに女性誌や化粧品系などの広告にはよく、女性受けするタッチでマンガが描かれていることが多いです。
上記の根拠から、やはり女性向けのプロモーションは、「マンガ広告」を軸に打っていくのがいいのではないかと我々は考えています。

弊社では、様々なタッチでマンガ広告を制作することが可能です。
ターゲット層に合わせて、マンガのタッチもご提案できますので、
この機会に是非、「マンガ広告」を検討してみてはいかがでしょうか?

※10ジャンル
シンプル/POP, アニメ/ゲーム, アメコミ, ギャグ, 絵本, リアル, ファッション系, サブカル, マンガ, 商業系イラスト

       

Topics:マンガ制作

       
アクア広報
written by アクア広報