「キャラクターデザインとは“探る“こと」オリジナルキャラクターをデザインする3つのポイント

2017/05/30

みなさまおげんきですか。
クロサワです。

職業はアートディレクターという肩書きで、イラストのディレクションを中心に仕事をしております。もちろんお仕事としてはそれだけではなく、実に様々な案件をやらせていただいております。

実はその中でも、キャラクターデザインというお仕事が大好きで、よくやらせていただいており、おかげさまで実績もいくつか増えてきました。今の会社に入る前にもキャラクターデザインをやらせていただいていて、需要がある限り死ぬまでやりたいお仕事だと思っています。

とは言え、キャラクターデザインってどんなもの?と言われると、実は語られる場が少ない。広告手段の一つとして定着してきている感じがあり、触れる機会が多くなってきたけれど、どうやって作るのかがわからないと言われる事も多くあります。

これまで生まれてきてくれたキャラクターたちの制作話も交えながら、私がキャラクターをデザインする際に必ずやっている3つのポイントをご紹介します。

 

1.キャラクターに「個性」を見つける

キャラクターは、それぞれに個性を持たせて、命があるかのように感じられる「存在」です。どんなキャラクターを描くかの情報を集める過程で自然と生まれてくるものを描いているような、そんな感覚です。

ところで、「犬」を描く事と「飼い犬のダッキー」を描くのとでは、意味も工程もずいぶんと違います
例えば、ダッキーは喜んでいるときにしっぽを引きづり掃除をしながら走るとか、年寄りで鼻が鈍っているとか、記憶にあるダッキーを探しながら描いてみると、個性のある「キャラクター」としてのダッキーが段々と出来上がってきて、犬の絵ではあるけれど、段々とダッキーの絵になっていってくれます。

そう考えてみると、キャラクターという存在を描くには、キャラクターの原材料となる「個性」がどこにあるのかを、見つけていかなければなりません。
これには、ある工程が必ず必要になります。それは…

 

2.キーワードを「探る」

キャラクターデザインは、ほとんどモチーフがない状態からスタートすることが多いので、依頼主の方に問診のようにつぶさにヒアリングをしながら、ラフやサンプルをお見せしたりしながら、時にざっくばらんに雑談を交えながら、ニーズと重なるキーワードを聞き出していきます。
ご依頼が資料のみの場合や、材料が何もない場合でも、様々なところから連想されるものをリストアップし、まずはアイデアを膨らませるだけ膨らませます。
つまり「探る」という工程です。
そこで出てくるものがとても重要で、長年使われたり、説得力のあるキャラクターデザインをするには、より重要だと思います。

つまりキャラクターデザインは、突然何もない所から生まれることでもなく、挿絵のように元々の文脈があるわけでもなく、「依頼主の頭の中にあるキーワードを探る」ことから始まり、そこにターゲットとなる消費者の特徴や自分のアイデアを混ぜ合わせた時に、そこからはみ出てくるものをつぶさに見つけ出し、描き出す作業であると言えます。

クロサワ作品 リボン犬/LINEスタンプ

クロサワ作品 J-WAVE 「Hello World」番組公式キャラクター

 

3.キャラクターを「見てわかるもの」にする。

ところで、 「アイデア」と「描く」の大きな違いは、「見てわかるものになる」ということだと思います。 

「見てわかるものになる」ということは、このキャラクターがどういったキャラクターなのかが、「見た人に伝わるようになる」ということになります。

そこで、「探る」から「描く」までの”間”に、探る作業によって思い切り膨らませたアイデアを、今度は逆に、選びとっていく作業を行います。
その後、選ばれたアイデアを様々なデザインパターンで描いていく作業に移ります。
うんうん唸りながら、時には何時間も描き続けたり、電車内や街中でメモに描いたり、お風呂に入りながら水滴の壁に描いたりします。

もちろん闇雲に選び取ったり、描いたりするのではなく、大元のコンセプトを度々振り返りながら行うことが重要です。
そうすることで、どのデザインパターンが今回の案件にとって最適かが絞り込まれていき、オリジナルキャラクターとしての形が作られていきます。
そのため、あえて見えるところにコンセプトが書かれた紙を貼るなどして、自然と見返せるようにします。
ちょっと妙なやつに見えるかもしれませんが、この絞り込みによって、キャラクターがどのように伝わるか左右しますので、重要な作業と割り切ります。

こういった工程を経て、実際にご提案するキャラクターデザインを選出していきます。

もちろん期限や案件にかけられる工数によって作業量は前後しますが、ほぼ、このような工程を経て、ご提案に至ります。

ちなみに、振り返りのために、しばらくしてからご提案に至らなかったデザインを見返すと、とんでもないデザインやアイデア頼みのデザインもあり、その時の悩みの渦を真上から覗いているようで、なかなか面白いです。

今回はここまでのお話となります。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
それではまた。失礼致します。

 

       

Topics:キャラクターデザイン

       
クロサワ
written by クロサワ