アクアの空間イラストレーション カフェスペースの巨大イラストをご紹介

2015/07/15

日が傾きだした、午後4時。
社内の中心に位置するコミュニケーションスペース(以下、広場)に、
脚立と道具箱、そしてダンボールを積んだ荷台を運ぶ、
4人組の業者さんが登場しました。

かねてから準備を進めていた、
ロールスクリーンの設置工事をしにいらしたのです。

 

 

1つ、2つ、3つと、
全部で3つのダンボールを窓近くの棚の上に置いていきます。

 

メジャーを使い、窓枠の内側の高さと幅を測り、
取り付け用の器具をどこに付ければいいか確認の真っ最中。

 

 

ギュルルルルーーーンドドドドッッッ!!!!

電動ドライバーの大きな音が社内に響きます。

 

真ん中、右、そして左
次々とロールスクリーンが設置されていきます。

 

 

これで完成!と思いきや……

 

 

実はもう一つロールスクリーンが。

あっ!チラっと絵っぽいのが見えましたね。

 

先ほどと同じように中心、右、左と、それぞれ設置。

 

 

よく見ると手前にひとつ、奥にひとつの二段構えになっています。
奥に設置されているのは投影用のスクリーンみたいです。

 

 

ということで、はい!できあがり!

少しばかり寂しかった場所に、幻想的で色彩豊かなイラストが、
窓一面に広がりました!

 

今回手がけた幻想的なイラストは、第一制作部のサトウさんが
ラフから着彩までの全工程を担当。

このロールスクリーン用のイラストを作ったキッカケは、
社員のメンバーが毎日集まるスペースに、
「アクアならではのイラストで、彩りを加えて欲しい」という
社長の願いから生まれたもの。

 

しかし、そのオーダーをカタチにしていくには、
そう簡単なお話ではなかったそうで、最初に描いたイラストと、
最終的な描いたものは、ずいぶんと異なるものだったそうです。

 

サトウ:社長に最初のラフをみてもらったところ
     『富士山と桜をいれたい!!!』
     というオーダーが発生し、
     『いやいや、銭湯じゃないんだから………(笑)』
     と思いつつ、そこからなんとか
     新たにイメージを膨らませていきました。

社内2

サトウ:まず、森をイメージして作られた広場に合うようなもの。
     次に、お見えになる多くのお客様や、社員メンバーの誰もが
     『おっ!』と心惹かれるようなものを作りたいと考え、
     今の絵になりました。
     結果的に、最初に考えたものよりも良い絵が描けたかな
     と思います。

 

 

 

そんな試行錯誤を繰り返し、出来上がった今回のイラスト。

 

 

 

 

広場の森を抜けた先では、小人やロボットなど、
アクアの社員をイメージしたオリジナルのキャラクター達が、
みんなでモノ作りを行い、一緒に作った飛行機が大空へ飛び立ち、
遥か先の山々も越え、未来に向かっていく――。

 

そんな将来への希望をカタチにしたイラストが、
社内に飾ってあります。
弊社へ遊びにいらした際には、是非ご覧ください♪

 

 

       

Topics:空間イラストレーション

       
アクア広報
written by アクア広報