日々向上!新卒デザイナー

2021/01/21

AQUAデザインチームを紹介していく連載企画「A-DESIGNER」第4弾!
今回はデザインチームの新卒の伊藤が担当させていただきます!新卒デザイナーとして仕事への思いをお話します!

入社から現在に至るまで

まず、自己紹介をさせていただきます!私は2020年4月から新卒採用でアクアのデザイナーとして入社しました。美術大学ではグラフィック、プロダクト、インターフェース、タイポグラフィー、パッケージ…と幅広く学んでいたこともあり、多くの媒体を制作できるアクアの仕事に惹かれ入社しました!

今年は入社後すぐにコロナの影響からリモートワークになってしまい、画面上で先輩とやりとりをしていました。人との会話が好きなので、寂しかったのを覚えています(笑)

7月からは出社できるようになり、現在ではチーム以外の方ともお話しする機会が増えました!
日々いろんな方と話せて楽しいです!

お客様が求めるイメージを引き出す

アクアに入社してから常に感じることは「お客様の要望を理解してデザインする」ことはとても重要だということです!

仕事と学生時代の制作と最も違うところは「お客様がいるということ」です。お客様に求められるデザインをつくることが何よりも重要なのです。

私の実体験による話なのですが、とある案件でクライアントから「かっこいいデザインにして!」とオーダーをいただきました。その時はその言葉だけを額面通りに受け取り、深く聞き出せず打ち合わせが終わりました。制作に入り自分が思い描いただけの「かっこいい」デザインで提出したところイメージが違うとのことで修正することに。

その後上長からもFBを受けて制作前の打ち合わせ段階でヒアリングやイメージの共有が足りなかった事に気づきました。そしてデザインの仕事というのはただ作るだけではないということを改めて痛感しました。こちらから相手の完成イメージを引き出す努力が足りていなかったのです。具体的には実際に世の中にあるデザインをいくつか提示してみる、違う言葉で表現してヒアリングしてみることなどが重要なのです。

お客様がどんな表現を求めているのかを最大限引き出すこと。相手がいてこそのデザイン!今も苦戦しています…!

終わりに

デザインの仕事で多く学ぶこともあるのですが、チームで連携することが大切ですので報連相を怠らないこと、議事録やメモの徹底、週次の取り組み報告など社会人1年目として学ぶこともたくさんあります!仕事の難しさも痛感していますが、とてもやりがいを感じています!

▼同期入社の営業社員と打ち合わせしたりもします
同期入社の営業社員と打ち合わせ

またお仕事以外でも、お昼時には近くに美味しいご飯屋さんがたくさんあるのでそれも会社に行く楽しみの1つでもあります (笑)

そしてアクアでは新卒デザイナーを募集していますので、今回の記事を呼んで興味を持たれた学生の方はぜひエントリーを検討していただければと思います。よろしくお願いします!

<新卒採用:グラフィックデザイナー職>
https://recruit.jobcan.jp/aqua-web/show/b001/359605

       

Topics:デザイン,採用・インターンシップ

       
アクア広報
written by アクア広報